宿泊地であるレオマワールドに向かうのですがこの時点で19:00。
そりゃお腹も空くよねーと言う訳で、少年が大泣きしております(汗) 急がなければと思い、往年のアイルトン・セナを訪仏させるようなハンドルさばきながらも安全運転のいいとこどりで急いで運転し、19:45に宿入りをしました。

大江戸温泉であるレオマの森は隣のレオマワールドをはじめ、子供が楽しめる造りになっており、また連休っちゅうこともあって、わしらと同じような子供連れが多くいましたね。夕食もバイキングじゃったんじゃけど、子供向けのものも多く、中でもサーティワンアイスクリームが食べ放題なのは凄いなと。わしも味覚が子供じゃけぇ、もちろん食べました、いや食べまくりました(笑)
ほいでも、よかったのは店員さんのお皿を下げるタイミングが絶妙で、食べ終わった皿をすぐに片付けるわけでもなく、置きっぱなしにされることもなく、絶妙なタイミングで声をかけて下げてくれるのでこちらもゆっくり食事をすることかな。
意外にこういうところからプラチナの印象って作られるんよね。