流石に任天堂がこんなゲームを世に放つとは思えない。
初代から製作に携わってるスタッフもおる訳やし。
だからこれからもうちょい遊んでみて、しっかり判断してみよう。
とりあえず、速報としては「なかなかガッカリ」

本家の金・プラチナ買取「スーツ」のシーズン2の後半まで進みました。
ついに主人公が彼女に経歴詐称を打ち明けるという場面。
そして彼女に「仕事をやめるしかない」と迫られる。
本来ならばこの先の展開が気になるけれど、この先まだシーズンが「6」まであるおかげで全然ヒヤヒヤせんわ。

ここまででめっちゃ色んな波乱があったけれど、すべてスマートに華麗に解決して来た。
もうこの先何があっても心配ではない。
だから安心して見れるわ。
まるで「サザエさん」見る感じ。
ただ、たまにWi-Fi切れてて知らぬ間にモバイルデータで見てる場合があるのでそれだけがドキドキするわ。