先月の20日以降に続けて家賃を送金してしまい、今月は年金がないと言うのに何とか済ませそうな感じ。
本来、こういう事態になると“そんなに余裕があるなら”と直ぐに生活保護費が止まる。
幸い今では毎月保護費を受け取りに行かなくなったし、口座の通帳チェックもこの数年ない。
と言って、もう二度とないと言う訳ではないんだが。

金とプラチナを買い付けていた分を売却してデスクトップパソコンにテレビとビデオを新調してもひと月分の保護費に余裕があるとは。
今月は家賃を送金しなくて好いんだが、来月の年金受給時には纏まって金がダブってしまう。
無理矢理使う必要もないんだが、貯め込んでバレて保護費が止まるより使って帳尻を合わせる方が役所は納得する。
もしひと月分の浮いた家賃を自分の口座にプールしておくと“余裕があるなら”と保護費が止まる。

で、来月は年金が入ったら少し纏めて出費しないと。
新しい広辞苑の普及版が14,000強・家庭の医学と新字源に現代用語の基礎知識の4つを纏めて購入しても5万と掛からない。
序に東腎協と全腎協の支払いも1年のみならず支払って置こうか。